Effective Treatment

普段の生活を見直そう!糖尿病の発症率を下げる方法

悩む女性

乳がん検診を受けることで早期発見が可能になる

乳がんは食生活などの影響で罹患率が高くなっている疾患です。早期発見できれば完治も望めるため、乳がん検診を毎年受けて早期発見に努めることが大切です。検診内容としては、マンモグラフィや超音波検査があります。

ドクター

進行すると治療が困難な卵巣がんでも治療を諦めない!

卵巣がんは、自己症状がなくいつの間にか進行している病気です。治療方法は、手術と抗がん剤の使用が一般的です。早期発見が難しいので、定期的に産婦人科で検診を受けましょう。

カウンセリング

糖尿病を患うとだるい症状が出てくる原因を知ろう

糖尿病は血糖値が長く続いている状態なので、血管に負担が掛かってしまい、血流が悪くなるので体がだるいと感じたり、充分な睡眠を取っていても疲れやすくなります。以前に比べると尿量が増えたり、食べていても体重が減少してきます。

落ち込む人

早期発見で治療が楽になる!乳がん検診は定期的に受けることが大切

乳がんは超早期で発見ができると、大切な乳房を摘出する必要がなく、乳房温存による治療が可能です。乳腺外科ではマンモグラフィー検査や超音波による乳がん検診が受けられます。

先生

卵巣がんと診断されたらがん治療を得意としている病院に行こう

卵巣がんの治療方法も選択肢が増えてきました。上手に情報を活用して、病院を選ぶことで自身に対しての治療の幅が広がります。治癒への可能性を少しでも上げるために、自分が行こうとしている病院でできる治療を知っておきましょう。

糖尿病や乳がんは早期で見つければ怖くない

医者

現代人は様々な生活習慣病に悩まされています。その一つとして挙げられるのが、糖尿病です。暴飲暴食や運動不足などで発症するので、日頃から生活には気をつけなくてはなりません。また、症状としてはだるさが目立ちます。運動不足のせいだと放置する人も多く、病院に行った時には病状が進んでいる可能性が高いです。重くなる前に治す為にも、病気のサインを読み取りましょう。と言っても、初期症状がほとんどないのが糖尿病の恐ろしさでもあります。とくに自覚がなくても、病院での定期健診をおすすめします。また、会社の健康診断でメタボ予備軍と言われた人はちくに注意しましょう。さらに、女性は乳がんにも気をつけて下さい。マンモグラフィー検査は身近になりつつありますので、なるべく早いうちから検査しておくと安心です。乳がんと聞くと40代以降のイメージがありますが、早ければ20代で発症する怖い病気です。早期発見なら治せる確率もアップするでしょう。また、女性の多くは年齢を重ねていくごとに女性ホルモンであるエストロゲンが徐々に減少してしまいます。一番良い方法は、エストロゲンと似たような働きを持つエクオールを摂取するのがよいとされています。絵クールを摂取することで、メタボ改善や動脈硬化のリスクを軽減させたりと様々な効果が期待できるので、積極的に摂取するとよいでしょう。