>特集>早期発見で治療が楽になる!乳がん検診は定期的に受けることが大切

早期発見で治療が楽になる!乳がん検診は定期的に受けることが大切

落ち込む人

乳がん検診が一年に一回の理由

食生活の欧米化や運動不足、睡眠不足などが原因で、体の免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れたりすると、乳がんに罹る可能性があります。乳がんは日本人女性に増加傾向にあり、40代、50代ぐらいの年齢の人に多いですが、比較的若い20代の人も発症します。乳腺外科では一年に一回、超音波検診やマンモグラフィー検査を受けることができます。乳がん検診を一年に一回受けることで、超早期がんを発見しやすくなります。医師による視触診も受けられるので、事前に予約を入れておきましょう。マンモグラフィー検査は以前に比べると、体に負担や痛みも少ないので安心して検査が受けられます。地元で評判の高い病院やクリニックを選ぶと、高品質な医療器具を使って乳がん検診を行っています。

カウンセリング

早めに気づいて治療することで摘出が不要

乳がんは他の部位に比べると、自分で発見しやすいがんなので、入浴後などに触診をしたり、乳房の形に変化がないかチェックをしたりする習慣を付けて下さい。乳がんは20歳以上になると誰でも罹る可能性があるので、定期的にがん検診を受けることが大事です。乳腺外科では乳がん検診による精密検査が受けられます。超音波検診は痛みなどはなく、体に負担も少ないので安心して下さい。乳がんは超早期で発見ができると、大切な乳房を摘出しなくても乳房温存による治療が可能です。現代は医療技術が向上しているので、抗がん剤や放射線療法で、がん細胞の増殖や転移を防ぐことで、乳房を温存することが可能です。早期発見をすることで、体に負担の少ない治療が受けられます。